FC2ブログ
2013
10.23

沙羅曼蛇(MSX)

Category: 感想
私の遊んだ思い出のゲーム、語ります。
時系列通りに、いきましょう。




沙羅曼蛇
機種:MSX
1987年12月26日発売


激ムズ。
その一言で片付けられます。

アーケード版沙羅曼蛇の移植でありながら、MSX独自のストーリーを織り交ぜたソフト。
難易度の高さとグラディウス2がないと真エンディングが見れないというなかなかの鬼畜仕様。
2人同時プレイは可能。オプションもちゃんと4つつけられる。


MSXシリーズの中で唯一2P同時プレイができる。それが嬉しかった。
でも親はなかなか一緒に遊んではくれなかった。その理由は大人になったから分かる。
集中しないと、これ無理ですもん。
ま、難しい難しい言いますけど、パターンを覚えれば大丈夫。
MSXの特徴といいますか、処理能力か、そんなにスピードは速くならないので。
でも復活が厳しいのでノーミスじゃないとクリア難しい。
・・・かつて父は2Pを使って姑息に復活していたなぁ。


エニグマの弱点が青玉か白玉だったときの絶望感。
アイネアスをずっとアイアネスだと思っていました。
隕石(メテオレーザー)よりもネジ(スクリューレーザー)の方が上位。
でもスクリューレーザーはうるさいのと壊せない壁があるので、いつもメテオ止まり。
ラウィニアは、鬼。
1P2P、サーベルタイガーとスラッシャーの謎は、果たして解ける日はくるのだろうか・・・
(デモでは1Pサーベルタイガー、説明書では1Pスラッシャーとなっている)

グラディウス2を差していながら、バッドエンドになっちゃっても泣かない。



前ブログ記事
プレイ記
プレイ動画(ニコニコ)
トラックバックURL
http://cocomameplus.blog.fc2.com/tb.php/117-7bf6c8ad
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top